暮らしと旅を彩るトピックを発信

上白石萌音デビューのきっかけは?イケメンとハグ連発!スターダムに駆け上がるまで

演技派で歌も上手くて可愛いと大人気の女優、上白石萌音さん。

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で「たけもね」とコンビの愛称で親しまれるほど佐藤健さんとのカップルファンが多い萌音さんですが、

なんと7月11日放送のドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー 3話」ではジャニーズの中島健人さんと平野紫耀さんとのハグシーンがあり、ファンを熱狂させました。

数々のイケメン俳優やアイドルと共演し、胸キュンシーンを連発しているため、視聴者からは

「前世でどれだけの徳を積んだの?」

「上白石萌音になりたい人生だった」

と羨望の声が相次いでいます。

最初は名脇役に進むイメージがあったのですが、キュートな姿が視聴者を魅了し、もはやヒロインを演じるほどの人気ぶり!

この記事では、そんなスターダムを駆け上がる上白石萌音さんが芸能界デビューしたきっかけをまとめます。

▼数々のイケメン俳優と胸キュンシーン

▼「未満警察」では巨大闇組織に誘拐された亜未を演じ、「恋つづ」の七瀬とはまったく別の迫真の演技を見せてくれました

上白石萌音の芸能界デビューのきっかけ

 

上白石萌音さんは、2019年7月20日放送の『メレンゲの気持ち』に出演し、芸能界デビューのきっかけを語っていました。

萌音さんは、お父さんの仕事の都合で8〜10歳までメキシコで暮らしていました。

それまでは内向的で学校でもお友達とうまくいかないことも多かったようですが、メキシコの人々の陽気な姿に触れ、性格が変わったのだとか!

「メキシコはラテンの国なので、みんな陽気で寛容。道を歩いているだけで(見知らぬ人でも)挨拶してくれる」と語っていました。

メキシコで暮らしたことで性格が明るくなり、人が好きになった萌音さんは帰国後、(メキシコに行く前に)習っていたミュージカルの先生から「なんか変わったね」と言われ、『東宝シンデレラオーディション』を勧められたそうです。

萌音さんは2011年、12歳の時に第7回『東宝シンデレラオーディション審査員特別賞を受賞しています。

 

ミュージカルの先生から勧められたのがきっかけで芸能界入りを果たした萌音さん。

飾らない明るい性格はメキシコでの生活が起因していたのですね^^

ここまで人を惹きつけるのは、容姿だけでなく、内面からくる人柄のよさも大きいと思いました。

上白石萌音の芸能界デビュー当時の写真

2011年の東宝シンデレラオーディションで、妹の上白石萌歌さんが「グランプリ」。

姉の萌音さんは「審査員特別賞」を受賞しました。

正直最初は、親近感のある雰囲気だなと思っていたのですが、オーディションの写真を見たら東宝シンデレラオーディションで賞を受賞するのも納得の美少女!

12歳ですでに完成された感。

目がキラキラ輝いていて、とても可愛いです^^

姉妹揃って美少女で、ご両親もキレイな方なのだろうなと想像しました。

上白石萌音のデビュー曲

萌音さんは2016年秋に歌手としてもデビューしています。

デビュー曲は、ヒロイン役を演じた劇場アニメ『君の名は。』の主題歌「なんでもないや(movie ver.)」。

ミュージカルで培った歌唱力、透き通った美声もすごいですね♩

 

上白石萌音のプロフィール

名前(本名)上白石 萌音
生年月日1998年1月27日 (年齢 22歳)
身長152cm
職業日本の女優、歌手
出身地鹿児島県鹿児島市
所属事務所東宝芸能
所属レーベルユニバーサルJ
学歴大学卒業
著名な家族上白石萌歌(妹)

まとめ

 

この記事では、女優で歌手の上白石萌音さんのデビューのきっかけやデビュー時の様子をまとめました。

佐藤健さんとのコンビも可愛いし、未満警察での中島健人さんと平野紫耀さんとのハグシーンも、小柄だから身長差に萌える人が続出。

演技や歌が上手なだけでなく、いつも愛嬌たっぷりで性格が可愛い萌音さんの今後のご活躍も楽しみです。